デジタル・ガーデン | DIGITAL GARDEN Inc. | 10月2日に本社ビル(広尾SKビル)のリニューアルオープン内覧会を開催しました。
株式会社デジタル・ガーデン(英名:DIGITAL GARDEN INC.)は、主にTV-CMの、CG・編集・MAの業務を行うポストプロダクションです。
デジタルガーデン,digital garden,DGI,デジガ,ガーデン,CG,Softimage,3dsMAX,MAYA,boujou,コンピューターグラフィックス,3dcg,3DCG,オンライン,on line,オフライン,off line,inferno,flame,編集,editing,MA,デジタル映像編集,編集,EDITING,POSTPRODUCTION,ポストプロダクション,VFX,ビジュアルエフェクツ,編集室,ビデオ編集室,映像制作,TVCM,ポスプロ,RTT,rtt,composite,コンポジット,インタラクティブ,AR,ar,プロジェクションマッピング,Visual Effects,Post Production House,post production house,Editing Suite,editing suite,Edit Suite,Edit Suite,Video,video,Video Edit,video edit,Video Editing,video editing,TV Commercial,TVCM,TV,CM,RTT,rtt,Interactive,AR,ar,projection mapping,projection maping
9937
single,single-post,postid-9937,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.1.2,vc_responsive
 

Blog

10月2日に本社ビル(広尾SKビル)のリニューアルオープン内覧会を開催しました。

  |   News

本社SKビルの2階と低層棟2階を増床し、2015年10月5日、リニューアルオープンしました。増床した2階にはD.I.T.(Digital Imaging Technician)を中心にカメラ・レンズなど撮影機材レンタルサービスの新事業部「Digital Shooting Div.」の機材室、オンライン編集室2室。さらに3階にはMAルーム(10月下旬オープン予定)を新設。低層棟の2階には、オフィスやミーティングルームなどをオープンしました。

今回の内覧会では、上記新設箇所のお披露目とともに、Digital Shooting Div.のプロモーションも行いました。

 

◆Digital Shooting Div.について

内覧会場にはDigital Shooting Div.の特設ブースを設置し、同部署に所属するD.I.T.の佐々木辰雄、専任カメラマン兼アドバイザーの深江岳彦、マネージャーの白崎達彦、他スタッフが、サービス内容や保有する最新機材について来場されたお客さまに説明を行いました。Digital Shooting Div.では、各種デジタルシネマカメラやレンズを保有、D.I.T.の佐々木が撮影の事前打ち合わせから参加し、機材の選定や管理などの撮影領域から、オンセットグレーディング、データ変換、データ管理までポストプロダクション業務にスムーズに繋がるワークフローの提案・実行をお手伝いします。

 

(写真左:Digital Shooting Div.の機材室/写真右:特設ブース)

DSD-room_2

 

【Digital Shooting Div.のご紹介】

最高の映像表現を実現するため、マスターアナモフィック、マスタープライムの最高峰レンズ群、ALEXA SXT/MINIなど最新のカメラと共に、経験豊富なD.I.T.スタッフと、当社エディターやCGスーパーバイザーなど各パートのスタッフが撮影現場で強力にサポートします。

そして、SSDのバックアップとLTO納品により、不安定なHDDを使わないワークフローを実現し安全な撮影データの管理をします。また、撮影から完パケまでのデータの流れをシンプルかつ高速化し、お客様の要望に素早く対応します。

 

dsd-01

 

************************************************** ***********

★Digital Shooting Div.へのお仕事のご相談・ご依頼はコチラまで!!!

担当:白崎(しらさき)(Business Manager)

連絡先 tel:03-5791-2545 / fax:03-5791-2546

メール:shirasaki.tatsuhiko@dgi.co.jp

************************************************** ***********

 

■オンライン編集室、MAルームに関して

 

新設された2つのオンライン編集室は、それぞれ「山の隠れ家」・「海の隠れ家」というコンセプトのもと、自然の素材をふんだんに使用した内装やインテリアで、ナチュラルでリラックスできる空間となっています。

「Bay-206(山の隠れ家)」は、木や石などの自然素材を内装に使用。茶とグレーの色使いをベースに、全体がラウンドしたインテリアで統一され、まるで山のロッジのような大人っぽい落ち着いた雰囲気です。一方、「Bay-207(海の隠れ家)」は、波で洗われたような水色ペイントの大きな木の壁が特徴。全体的に白を基調とし、真夏の海辺のリゾートを彷彿させます。女性なら思わず「かわいい!」と漏らしてしまうようなこだわりのインテリアにも注目です。また、編集室へとつながる通路も、壁面には真っ白な木の板が張り巡らされ、非日常的な空間を作り出しています。

 

10月下旬オープン予定のMAルーム(Audio Suite-312)は、壁や天井に数種類の異素材のテキスタイルをコラージュし、シックでモダンな雰囲気となっています。現在納品待ちのこだわりの家具が揃うと、自宅のリビングに居るような、くつろげる空間を演出します。

Bay-207に隣接する広いバルコニーには、床一面にグリーンが敷き詰められており、休憩時間のリフレッシュにパターゴルフも楽しめます。

 

★オンライン編集室 Bay-206 /2F

山の中にひっそりと佇む、隠れ家のような落ち着いた雰囲気の編集室。

木、スチール、石の素材感を全面に出したインテリアで、優しくも力強さのある空間となっています。

編集卓とソファをモニター方向にラウンドさせることで、空間に変化を与えながら、場を共有するチームが映像制作への一体感を感じられるような作りとなっています。

 

bay206-01

 

 

★オンライン編集室 Bay-207/2F

潮風が入ってきそうな開放的雰囲気の編集室。

白を基調とした空間に海を連想させる青い大壁が強い印象を与え、塗装の下から朽ちた木やブリックの表情が見え隠れすることで深みを感じる空間となっています。

大きな窓の外には出入り可能なバルコニーがあり、部屋の開放感を高めるとともに、長時間の作業や打ち合わせ時にリフレッシュできる場を用意しました。

 

bay207_01

 

★MAルーム Audio Suite-312 /3F
全体的にシックでモダンな、大人の雰囲気のインテリアです。
奥にソファーやテーブルなどを配置し、自宅のリビングに居るような、くつろぎの空間となる予定です。(10月下旬オープン)

 

DSC_4133

 

新生デジタル・ガーデンにご期待ください!