デジタル・ガーデン | Digital Garden Inc | INTERVIEW 田中
株式会社デジタル・ガーデン(英名:DIGITAL GARDEN INC.)は、主にTV-CMの、CG・編集・MAの業務を行うポストプロダクションです。
デジタルガーデン,digital garden,DGI,デジガ,ガーデン,CG,Softimage,3dsMAX,MAYA,boujou,コンピューターグラフィックス,3dcg,3DCG,オンライン,on line,オフライン,off line,inferno,flame,編集,editing,MA,デジタル映像編集,編集,EDITING,POSTPRODUCTION,ポストプロダクション,VFX,ビジュアルエフェクツ,編集室,ビデオ編集室,映像制作,TVCM,ポスプロ,RTT,rtt,composite,コンポジット,インタラクティブ,AR,ar,プロジェクションマッピング,Visual Effects,Post Production House,post production house,Editing Suite,editing suite,Edit Suite,Edit Suite,Video,video,Video Edit,video edit,Video Editing,video editing,TV Commercial,TVCM,TV,CM,RTT,rtt,Interactive,AR,ar,projection mapping,projection maping
10436
page,page-id-10436,page-template,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.1.2,vc_responsive
 

INTERVIEW 田中

tanaka_b

田中翔也 / Image Integration Dept. 2011年度入社

この仕事を選んだ理由は何ですか?

小さい頃から絵を描くことが大好きで、中学や高校でCGや映像制作に触れてきました。専門学校で勉強していく中で映像の編集にとても興味を持ち、もっと深く関わりたいと思うようになりました。『携わった作品が多くの人に見てもらえる仕事がしたい!』という事からポストプロダクションを中心に就職活動をし、デジタル・ガーデンに入社させて頂きました。

__tanaka_04_9
入社一年目はどんな感じでしたか?

初めての会社という事で不安も多くある中、知らない機械や見たこともないソフトばかりで日々覚えることでいっぱいでした。先輩に教わったり、同期の仲間と一緒に勉強したりと失敗を重ねながらも一生懸命頑張っていたと思います。仕事をやっていく中で、自分のアシスタント作業を監督に褒められた時はとても嬉しかったですね!

そういった事の積み重ねが自分にとって、仕事を楽しみ、頑張ろうと思うきっかけになったと思います。

1年間はとても短く、人間的にも成長をとても実感できる充実した1年間だった様に思います。

今はどういう仕事をしていますか?

デジタル・ガーデンはCMの編集が中心となる会社ですが、その中でも撮影してきた素材を繋ぎ、映像のベースを作り上げるオフラインという作業のアシスタントを中心に仕事をしています。内容はメインスタッフの補助が中心となり、【映像に使用する素材の作成】や、【タイトルの動かしや合成などの手伝い】をしています。それ以外にも、作業中の会話や雰囲気を読み取り仕事を効率よく進められる様に考え、行動することもアシスタントにとって重要な仕事になります。ちょっとした気遣いや心がけ、お客さんとのコミュニケーションを大切にしていけたら、今後自分がメインに昇格した時に役立てるかなと思いながら頑張っています。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

スタッフの平均年齢が若いということもありますが、自分は会社全体が明るい印象がある様に感じます。他部署のスタッフとの交流も持つ事ができ、いろいろな話ができます。仕事終わりに先輩や後輩と飲みに行くことはもちろん、休日に一緒に出かけたり、ゲームをしたりととても仲良くさせて頂いているスタッフも沢山います。もちろん仕事中はしっかりと働きますが、そういったメリハリがしっかりとしているからこそとても仕事のしやすい良い会社だなと感じます。

仕事の面白さはどういったところですか?

一番大きく感じる事は、いろいろな作品に携われ、日常でその作品を観る事ができるところですね!大変な仕事も沢山ありますが、頑張って作った作品が様々な場面で、様々な人に観てもらえる事は魅力だと思います。

__tanaka_07_s
仕事をしてうれしかった事は何ですか?

テレビなどで自分の携わった作品が観られる事も嬉しい事ですが、お客さんや監督に褒められたり、自分が作ったタイトルの動きなどがそのまま使ってもらえた時は本当に嬉しかったです。他にも制作会社の方に、「アシスタントに田中さんがついてもらえたら安心できます。」と言われた時は一生懸命やってきて良かったと実感しました。

今はまだアシスタントなのでこのような機会は少ないですが、もっと頑張って【頼られたい】、【褒められたい】というモチベーションにも繋がってきますよね!

逆に大変だったりつらかったりしたことは何ですか?

仕事柄、作品によっては遅い時間まで仕事をする時もあるので、そういう時はやはり大変ですね。休みが不定期という事もあり、友達との約束がしづらいというところもあります。

この仕事で大切だと思うことはなんですか?

ヤリガイを見つける事と、コミュニケーションだと思います。ハードな仕事だからこそ精神的にも肉体的にも辛くなる事もありますが、それを超える自分なりのヤリガイを持てると仕事に対する姿勢や見えてくる事に変化がある様に思います。また多くのお客様と関わる仕事なので、コミュニケーション能力があった方がいろいろな意味で楽しく仕事ができますし、自分のアピールもできるのではないかと思います。

将来、どんなスタッフになりたいですか?

頼りにされるスタッフになりたいです。メインスタッフとして自分の編集やアイデア、技術を認めて頼ってもらえる様な仕事がしたいですし、1社員として、多くのスタッフに頼りにされるようになっていきたいです。

__tanaka_09_s
学生時代にやってたことで、仕事に役立っている事は何ですか?

Adobe系のソフトは小さい頃から触っていたので、スキルアップに繋げやすかったと思います。また学生時代に教える側になる事が多少あった事で、後輩への教育などに役立てている様に思います。その人にあったペースや教え方を考えて指導していくのもまた、自分にとってヤリガイにもなっています。

休日は何をしてますか?

ほとんど家でゴロゴロしています。買い物に出かける事もありますが、基本的にインドアな生活を送っています。

この仕事を目指す学生へひとことお願いします。

大変ではありますが、沢山のヤリガイを見つけられる仕事です。スキルなどは仕事を始めて、やりながら勉強するでも良いと思います。1番大切なのはやる気と向上心だと自分は考えています。テレビで普段見ているCMやPVなど、実際に自分が携わって、その作品が世の中の多くの人に観てもらえる。そんな魅力をみなさんにも実感して欲しいと思います。

オフライン編集とは

撮影した素材をCMの尺にあわせて編集をする作業のことをいいます。
CMを構成する要素(タイトル、音楽、ナレーション、SE、など全ての要素)をどのように使うかを決定します。通常は演出コンテにあわせてつなぐ事から始まり、演出の方と試行錯誤しながら、組み立てていきます。

CM全体の要素を早い段階で確認できるように、合成やエフェクトの完成度は低い状態で作業を進めます。最後にオフライン編集試写を行い、広告会社やクライアントの方にチェックをしていただき、その後の行程(グレーディング、オンライン編集、MA)へと引き継がれます。ここで作業したものが放送される事はないので、仮編集という言い方もされますが、オフライン編集でCMの全体像が決まるのでとても大切な作業です。最近は撮影現場にコンピュータを持ち込んでその場でオフライン編集をする事もあります。

VOICE OF STAFF