デジタル・ガーデン | DIGITAL GARDEN Inc. | INTERVIEW 菅田
株式会社デジタル・ガーデン(英名:DIGITAL GARDEN INC.)は、主にTV-CMの、CG・編集・MAの業務を行うポストプロダクションです。
デジタルガーデン,digital garden,DGI,デジガ,ガーデン,CG,Softimage,3dsMAX,MAYA,boujou,コンピューターグラフィックス,3dcg,3DCG,オンライン,on line,オフライン,off line,inferno,flame,編集,editing,MA,デジタル映像編集,編集,EDITING,POSTPRODUCTION,ポストプロダクション,VFX,ビジュアルエフェクツ,編集室,ビデオ編集室,映像制作,TVCM,ポスプロ,RTT,rtt,composite,コンポジット,インタラクティブ,AR,ar,プロジェクションマッピング,Visual Effects,Post Production House,post production house,Editing Suite,editing suite,Edit Suite,Edit Suite,Video,video,Video Edit,video edit,Video Editing,video editing,TV Commercial,TVCM,TV,CM,RTT,rtt,Interactive,AR,ar,projection mapping,projection maping
12129
page,page-id-12129,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.1.2,vc_responsive
 

INTERVIEW 菅田

sugata01

菅田大樹 / Business Service Dept. 2015年度入社

この仕事を選んだ理由は何ですか?

漠然と映像編集って面白そうだなと思い、選びました。
業務内容に外国人スタッフの業務サポートや海外提携企業との仕事などもあり、国際色があるところにも興味を持ちました。

_kettei_02
入社一年目はどんな感じでしたか?

ポストプロダクション、映像業界について知識が皆無だったため、何をするにおいても分からず大変でした。
特にグレーディングという色を調整する部署の仕事に大きく関わるのですが、専門知識が全くなく、作業中に飛び交う用語もわからず通訳以前の問題にたくさん直面しました。
しかし今振り返ると、頼りになる先輩スタッフのフォローやアドバイスのおかげで一年目を乗り切ることができたのかなと思います。

今はどういう仕事をしていますか?

常駐する外国人カラリストのグレーディング作業のアシスタントと通訳。アメリカのCO3とイギリスのMPCとのリモートテレシネの担当窓口、コーディネート業務、現場作業での通訳。
リモートテレシネの現場とは、海外のカラリストのグレーディングの進行をほぼリアルタイムで実際に映像を見ながら、テレビ電話を通してコミュニケーションを取りながらグレーディングをすることです。

その他、海外や英語に関わる業務全般に携わっています。
例えば海外からの訪問者の対応、機材を購入する際のサポート、展示会への出張など、英語が話せるスタッフとして様々な仕事に関わっています。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

個性的な方が多く、色々な考えを持った人たちが集まっていて活気があると思います。
社員の平均年齢も若く同世代のスタッフも多いためコミュニケーションが取りやすく、上司や先輩とも距離感が近くいい意味で遠慮なく話せるため居心地がよいです。

仕事の面白さはどういったところですか?

社内や社外の様々な人と仕事をしたり、話ができることです。
社外でいえば監督、カメラマン、照明技師などプロフェッショナルな職種の方々と一緒に仕事をする機会が頻繁にあり、そんな方々との会話はとても楽しいですし刺激的です。

また、ハリウッド映画を担当している海外のカラリストと話ができたり、一緒に仕事ができることも魅力的な部分だと思います。
他にも海外出張に関しては色々な方々とコンタクトを取って知り合いになれたり、仕事の面でも英語を使うことが前提となるため、語学力を活かせるのもこの仕事の面白いところだと思います。

_kettei_03
仕事をしてうれしかった事は何ですか?

グレーディング作業ではアシスタント、通訳というサポートとしての立ち回りですが、作業と関係ないことで話しかけていただけたり、自分の通訳や仕事ぶりによってスムーズに作業ができたと感謝の言葉をいただいた時は、現場のチームの一員として認めてもらえているのかなと感じ、嬉しく思います。
リピーターとしてまた作業に来ていただけると顔見知りにもなり、仕事もさらに楽しく思えますしモチベーションにもなります。

この仕事で大切だと思うことはなんですか?

【コミュニケーション力】

技術を提供する会社ではありますが、多くの人と仕事をするため、コミュニケーション力は欠かせないと思います。
伝え方ひとつで普通のことがとてもよく見えたり、その逆も然りです。通訳という立場上、日本語⇄英語の会話をスムーズに進めることが求められるため、臨機応変に返す力はこの仕事で存分に発揮できると思います。

 

【状況判断力】

どの仕事も毎回条件、内容が異なります。仕事をする相手が変われば要求されることも変わり、また作業の中でも状況は常に変化します。
その場で求められていることや一手先を考えて行動することで、仕事の質は一段と高くなると思います。

 

【諦めない気持ち】

これは一番大事だと思います。大変なことや面倒なことが嫌になることは誰にでもあると思います。
例えばリモートテレシネはデジタル・ガーデンの編集室と、海外のカラリストと編集室のスケジュール調整が必要です。一日に二件の作業を入れようとすると調整も複雑になりリスクも高くなりますが、諦めずに事前に想定できることは対策して万全の体制で臨み、結果二件とも無事作業を完結できました。その時の達成感は何物にも代えがたいです。

将来、どんなスタッフになりたいですか?

社内、社外問わず一緒にお仕事している方々から信頼され、会社に貢献できるスタッフです。

_kettei_04
学生時代にやってたことで、仕事に役立っている事は何ですか?

ラグビーで身につけた体力。おかげで風邪を引くことなく健康で仕事ができています。

休日は何をしてますか?

Netflix。映画館に行く。インプットは大事だと思います。
長い休暇には海外旅行をしたり、好きなスノーボードを楽しんでいます。

この仕事を目指す学生へひとことお願いします。

この仕事に限った話ではないかもしれませんが、学生時代に色々なことにチャレンジすることが大事だと思います。
社会人になると仕事が生活の中心になります。学生は自由に使える時間が多い分、色んなことを経験できると思います。それが仕事で活きてくると思うし、自分の個性や魅力にもなると思います。

グローバルサービスとは

デジタル・ガーデンのあらゆる海外事業に関与するセクションです。
中でも、業務提携中のアメリカCO3とイギリスMPCとのリモートテレシネは重要業務です。リモートテレシネとは、デジタル・ガーデンの編集室にいながら海外のカラリストたちの作業の模様をリアルタイムで共有し、テレビ電話を通してコミュニケーションを取りながらグレーディング作業ができるサービスです。プロダクションとCO3/MPCの間に入ってスケジュールと予算を調整し、グレーディング当日は通訳として監督やカメラマンとCO3/MPCのカラリストの作業をサポートし、作業前後のデータのやり取りも行います。
他にも社内の外国人スタッフの生活や仕事に関する手助けや、海外の会社とデジタル・ガーデンが仕事をする際の打ち合わせに通訳として参加したり契約書の翻訳作業を行ったり。年に数回ある海外視察ではチケットの手配から現地でのコーディネーターとしての役割を、海外からのお客様が来たときは日本での滞在のサポート役を果たします。
ただ英語が話せるだけではなく、グレーディングをはじめとする映像の知識も必要になりますが、世界を相手に仕事ができる魅力的なポジションです。

VOICE OF STAFF