デジタル・ガーデン | Digital Garden Inc | INTERVIEW 川村
株式会社デジタル・ガーデン(英名:DIGITAL GARDEN INC.)は、主にTV-CMの、CG・編集・MAの業務を行うポストプロダクションです。
デジタルガーデン,digital garden,DGI,デジガ,ガーデン,CG,Softimage,3dsMAX,MAYA,boujou,コンピューターグラフィックス,3dcg,3DCG,オンライン,on line,オフライン,off line,inferno,flame,編集,editing,MA,デジタル映像編集,編集,EDITING,POSTPRODUCTION,ポストプロダクション,VFX,ビジュアルエフェクツ,編集室,ビデオ編集室,映像制作,TVCM,ポスプロ,RTT,rtt,composite,コンポジット,インタラクティブ,AR,ar,プロジェクションマッピング,Visual Effects,Post Production House,post production house,Editing Suite,editing suite,Edit Suite,Edit Suite,Video,video,Video Edit,video edit,Video Editing,video editing,TV Commercial,TVCM,TV,CM,RTT,rtt,Interactive,AR,ar,projection mapping,projection maping
11208
page,page-id-11208,page-template,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.1.2,vc_responsive
 

INTERVIEW 川村

kawamura_b

川村尚寛 / Image Integration Dept. 2016年度入社

この仕事を選んだ理由は何ですか?

大学4年に上がって周りが就活を始め出した時、自分は「何か創る」仕事がしたいと思いました。映画が好きだったこともあり、映像関係の仕事をしてみようと思い、映画制作系の専門学校で2年勉強しました。その2年の中で、映像編集に興味を持ちました。

kawamura_02_s
入社一年目はどんな感じでしたか?

今までの人生の中で1番速く時間が過ぎていく1年でした。

今はどういう仕事をしていますか?

主に、メインのカラリストがグレーディング作業をするためのプロジェクトの立ち上げや、グレーディングが終わってからの素材の書き出しをしています。追加の素材に対して作業をお願いされた際には、自分でその素材にデータを反映したり、必要であれば調整をしたりすることもあります。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

自分と年齢の近い先輩が多いため、いろいろと話しやすい職場だと思います。

仕事の面白さはどういったところですか?

ちょっとした明るさの強弱、色の濃淡を変えるだけで、作品の印象がガラリと変わるところがグレーディングの面白さだと思います。

kawamura_03_s
仕事をしてうれしかった事は何ですか?

お客様からはもちろんのこと、先輩やメインのスタッフに仕事を褒めていただけた時はとても嬉しかったです。

逆に大変だったりつらかったりしたことは何ですか?

作業の内容によって、なかなか時間がかかったりして大変な時もありますが、作品が完成した時の達成感はこの仕事のやりがいに繋がっていると思います。

この仕事で大切だと思うことはなんですか?

常に興味を持ち続けることだと思います。自分たちが使っているソフトは毎年バージョンアップをして、新しい機能が増えたり、逆に二つの機能が統一されて減ったりもします。そういったことについていけるように、毎日勉強です。

将来、どんなスタッフになりたいですか?

メインスタッフとしていろんな作品に携わることができたらいいなと思います。また、後輩ができたら頼れる先輩としても頑張りたいです。

kawamura_01_s
学生時代にやってたことで、仕事に役立っている事は何ですか?

YouTubeに自分が作った作品を投稿していたことです。作品を作る楽しさの中に、苦しさがあることを知ることができました。

休日は何をしてますか?

ゲーム、友達と映画を見に行く、写真を撮りに行くの3択です。アウトドアが苦手なのですが、最近、カメラ(α7)を買い、撮りに出かけるようにしています。撮った写真を自分のパソコンでグレーディングして遊んだりもしています。

この仕事を目指す学生へひとことお願いします。

まずは、自分の好きな作品をただただ真似して作ってみること。真似しているうちに自分の好きな編集、自分の好きな色が見つかります。そしたら、もう怖いものはありません!皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

カラーグレーディングとは

撮影素材を演出意図や作品のイメージに合うように色で世界観を表現をする作業になります。カラーコレクション(色調整)とも言いますが、ただ明るさや色味を整えるという事だけではありません。 第2の撮影ともいえる作業でRAWやLOG、フィルムスキャンされたハイレンジの素材から必要なレンジを選択し、パワーウインドウなどを駆使しライティングに近い作業をしたりします。デジタルのグレーディングシステムを導入しており、最新のデジタルカメラの素材から、フィルムスキャンされたフィルムの映像まで扱うことが出来ます。また様々なワークフローにも柔軟に対応でき、オフライン後のOKテイクのみのグレーディングから、撮影後の全素材グレーディング、オンライン後のDIワークフローまで対応します。 デジタル・ガーデンではアメリカのCO3と提携してリモートテレシネをおこなったり、2013年1月よりCO3のカラリストが日本に常駐して一緒に作業をしています。同じ映像でも色によって受ける印象は大きく変わりますので、重要なポジションとなります。

VOICE OF STAFF