iSandBOX

テーマパークEXPOに出展します。是非ご来場ください。

2018年12月 5日(水)6日(木)7日(金)

東京ビッグサイト 西3・4ホール ブース No. 13-20

招待券をダウンロード後、プリントアウトして会場受付にお持ちください。
入場料2,000円が無料になります。
招待券 ダウンロード

iSandBOX Promotion Movie

企画:増田美月 / 編集:川原愛理 / CG:池本壮志
Special Thanks:Mark Shulgov

Introduction

iSandBOXはUniversal Terminal Systems Ltd.が2012年に開発、2013年に量産と販売を開始した、世界で初めて製品化された AR Sandbox「AR砂場」です。
現在40ヶ国で販売されており、幼稚園・小学校・テーマパーク・博物館・科学館・心理療法施設など様々な施設に600台以上導入しています。
2018年、株式会社デジタル・ガーデンが国内販売店契約を締結して日本に初上陸しました。
子どもから大人まで遊ぶ・学ぶ・癒されるAR砂遊びを楽しめる製品です。


iSandBOXとは?

天井部にある深度センサーがサンドボックスにある砂との距離をリアルタイムに計測して、その数値を元に演算した様々な映像をプロジェクションマッピングする、インタラクティブコンテンツを提供するシステムです。

Augmented Reality

拡張現実(AR)は、コンピュータで生成された知覚できる情報(映像・音)を加えることによって、現実環境を拡張する技術です。
iSandBOXは拡張された現実として、川、海、噴火する火山、芝生、雪などを3次元のコンピュータグラフィックス(3D CG)によって、美しい音楽、自然の環境音と共に表現します。

Interactive Sandbox

iSandBOXは、砂の入ったサンドボックス、3D CGとサウンドを演算するPC、砂の高低差を計測する深度センサー、砂場に映像を投影するプロジェクターで構成されています。
ユーザーは砂を使って、噴火している火山、川、海、谷など、AR砂遊びを楽しみながら天地創造を体験できます。


仕組み

深度センサーが砂の表面までの距離を測ります。
 
深度センサーが計測した砂の高低差情報をPCに送ります。
 
PCはその情報を元に演算した映像をプロジェクターに送ります。
 
プロジェクターは砂場に青い水や火山から噴火した赤い溶岩、緑の丘など、リアルなイメージを投影します。


iSandBOX ソフトウェア

ARに最適化して設計されたソフトウェアは、様々な用途で真価を発揮します。
多彩な19種類のモードをワンタッチで切り替えて、幅広いユーザーニーズに対応することができます。
ソフトウェアは日本語に対応しています。
StandardとMiniはコントロールディスプレイを搭載していますので、タブレットがなくてもモード切り替えができます。

ご要望に合わせたオリジナル3Dキャラクターの追加、カスタムモードの追加などのカスタマイズも承っております。

各モードの紹介

 


使用分野

①教育
地球環境や自然・科学について、楽しみながらインタラクティブな授業の教材として使うことができます。子ども達はAR砂遊びをしながら、色・数字・図形を学んだり、好きな風景を作って自然現象や生態系を観察したりすることで、創造力・探究心・コミュニケーション能力・社会性やチームワークを養っていきます。
《導入施設》
保育園 / 幼稚園 / 学校

②エンターテインメント / ビジネス
エンターテイメントの分野でAR技術を用いたゲーム機が増えている中、iSandBOXはスクリーンレスなシステムです。
砂療法に基づいた健康に害を及ぼさない設計なので、ゲームや砂をキャンバスに絵を描いたり、安心して子ども達を遊ばせることができます。
《導入施設》
テーマパーク / アミューズメント / ゲームセンター / ショッピングモール

 

③展覧会 / プレゼンテーション
iSandBOXはシンプルで可視性が高く、プレゼンにとって魅力的なシステムです。
自然現象、地質学、地震学のオブジェクトとエフェクト、地形の特徴を紹介しながらプレゼンすることができます。マーケティングでは、色彩豊かなドローイングモードを使って、ダイアグラムや様々なデータをグラフィカルに表現できます。
《導入施設》
科学館 / 博物館 / 展覧会 / マーケティング

④心理療法 / リハビリテーション
砂を使った箱庭療法は、心の自然な回復能力を促進する心理療法として知られています。
この心理療法を用いて、クライアントは自分の内なる精神世界と向き合い、自己理解、社会性、自己治癒能力を向上していきます。iSandBOXは多彩なモードによって、セラピー・セッションの効果と効率を上げることができます。
《導入施設》
心理療法施設 / 介護施設 / リハビリテーション施設

 


PRODUCTS

iSandBOX Standard

iSandBOXの中で一番大きいモデルで10人の子ども達が一緒に遊べます。
コントロールディスプレイを使ってモード選択ができます。
   サイズ:235 x 153 x 110 cm
  本体重量:113 kg
   砂の量:220 kg
システム構成:プロジェクター・深度センサー
        コントロールディスプレイ・PC・タブレット

iSandBOX Mini

Standardよりも小さいモデルで6人の子ども達が一緒に遊べます。
コントロールディスプレイを使ってモード選択ができます。
   サイズ:215 x 116 x 94 cm
  本体重量: 90 kg
   砂の量:150 kg
システム構成:プロジェクター・深度センサー
        コントロールディスプレイ・PC・タブレット

 

iSandBOX Small

省スペース向けの製品でコンパクトで可搬性に優れています。
ロック付きキャスターが標準搭載されています。

   サイズ:188 x 107 x 99 cm
  本体重量: 85 kg
   砂の量:140 kg
システム構成:プロジェクター・深度センサー・PC・タブレット

iSandBOX Lite

全てのハードウェアとソフトウェアをメタルケースに内蔵しており、既存の屋内砂場に設置できます。筐体のみの販売も可能です。
   サイズ:42 x 47 x 30 cm(本体)
        48 x 160 x 104 cm(サンドボックス)
    重量: 16 kg(本体)59 kg(サンドボックス)
   砂の量:220 kg
システム構成:プロジェクター・深度センサー・PC・タブレット

 

パンフレット ダウンロード

 


製品の仕様や価格についてのご質問、お見積もりのご依頼を承っております。

・デモのご要望(弊社オフィスで常設展示しております)
・ハードウェアのカスタマイズ(筐体カラーの変更、キャスター取り付け、etc)
・ソフトウェアのカスタマイズ(オリジナル3Dキャラクターの追加、カスタムモードの開発、etc)
・OEM・ODMのご相談
・短期レンタル(2日〜)長期レンタル(1ヶ月〜)

上記ご相談も承っております。


お問い合わせ

iSandBOX Product Manager / 藤原 大輔
iSandBOX@dgi.co.jp

プラザ(iSandBOX 常設展示)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ7F
TEL: 03-5791-5885
FAX: 03-5791-5886
本社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-36-13 広尾MTRビル3F
TEL: 03-5791-2215
FAX: 03-5791-2245