工場における製造ライン検討用VRコンテンツ

クライアント:国内自動車メーカー様

 


REQUEST FROM THE CLIENT

工場ラインの構築、製造ラインの動きを、施工前に詳細に検討したい。

OUR SOLUTION

①CADデータと図面、計測などでラインを3Dデータ化
CADデータがある場合はそれを使用して制作していきますが、本件ではCADデータは導入する機械の部分だけでした。
工場自体は、2Dの図面や実際に現場に計測に入らせていただきながら、3Dモデルを制作していきました。

②アニメーションによる工場ラインの動きをビジュアル化
VR検討が最も有効な部分はアニメーションが組み込めることです。
本件は、現状のラインと新規に導入を検討するライン作業の動きをアニメーションで再現することで、実際の導入後にどのくらいのスペースが確保できるのか、動線はどうかなど、より具体的に検討することが可能になりました。

③多角的な視野での確認が可能
VRならではの機能として、さまざまな位置から立体的に状況を確認できることがあげられます。
本件でも、工場内の改修予定のエリアを全て3Dで再現することによって、さまざまなアングルから現状の状態と更新後の状態を見比べられるように設計しました。
これにより、デスクトップ画面や紙などではわかりづらい部分も、チーム内でより視覚的に共有することができるようになりました。

PAGE TOP